2005年11月30日

変態女にうってつけの夜

AM3:00、ワトソン氏と入浴。

彼は白く美しすぎるのでシャワーを浴びるのみ。体を洗うなど不要。むしろ余計に汚れてしまいそうなほどの白さ…。
濡れる肢体、したたる雫。水により、そして風呂場に立ち込める湯気にさえ反応し清められた彼の肌は、先程にも増してしなやかに、敏感になる。
真っ白な身体に傷が付かぬようそっと触れ、軽く雫を拭い抱き抱える。水分のせいか入る前より少し重く感じられた。
リビングまで運び、そのまま床に押し倒す。
まだ渇ききってない体(渇かれても困るのだが…)で濡れるリビング。
さぁ情熱プレイの始まり。チャンスは一度。
ああ、美しくはりつけたい!続きを読む
posted by 蓮 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

巡礼の道

べつにFLASHに奮闘してたわけじゃないんですが。
普段使わないエクセルに奮闘してました。
グラフのサイズ変更の仕方がわからず、最終的にadobeに逃げました(゚∞゚)
そしてこんな時間。

朝起きれない時は前日に「○時にはここに戻って来れますように」と守護天使にお祈りすると、お目覚めぱっちりだそうです。
本当に、朝起きれないので、やってみようと思いました。そう思ったとき、ああ、これが信仰なのかと開眼しました。

今日やったら、何時だか知らないけど起きてストレッチしたことは何となく覚えています、身体が痛くてポキポキしてたんです。でも寝てました。祈りが足りなかったのでしょうか、それとも祈り方が悪かったのでしょうか。教えて守護天使。

今日はオールナイト模倣犯をして、すがすがしい気持ちで朝を向かえようと思います。ごめんなさい守護天使。


早く寝ればいいのに
それは禁句。
posted by 蓮 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FLASH奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

模倣犯

模倣犯の文庫本が平積みされているのを発見し購入。
800円か…まぁいいや。
と思って読んでたら、
妙に字がでかい。
模倣犯てハードカバーの時も分厚かったよなー…
…ん…タイトル「模倣犯」…ん…

「模倣犯(一)」

…そりゃね、この字のでかさ、この厚さで1巻完結はないか。
って、5巻まであるのか…。

最近サリンジャーとか古い小説読んでたから、文字の大きい小説見ると違和感が…
文字小さくていいから、京極夏彦の本みたいに分厚くならないかなぁ…。
その方が安く済むのに…とね。


百貨店でまた靴にときめく。
ときめいてみたものの、いろいろ考えた結果スルー。
華麗にスルー。ブルーにスルー。


貯金しても使わなかったら意味ないなぁ…。
エリクサーをラスボス用に置いといても、結局使わない…みたいな。

学校の近くにメイドカフェがあるらしい。
posted by 蓮 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日小さな村で、自分と家族が食べる分だけの魚を獲って、あとはのんびり過ごすという生活をしている漁師に、大都市からきた旅行者が言う。
「何故もっと漁をして稼がないのか。」
それに対して漁師は「稼いでどうするのか。」と尋ねた。
「魚を売って、もっと大きな漁船を買って、水産の企業なんかを興して、都市に出ればいい。」
漁師はまた尋ねる、「そこまでで何年かかるのか。」
「25年位かな。」
「それからどうするの。」
「企業の株を売って億万長者になって…」
「それで?」
「そしたら、小さな村に住んで、釣なんかを楽しみながらのんびり過ごすんだ。」

そんな話があったような…。


今日は友人と謎の語らいを。
何の話からか無人島に住もうという話になる。
自給自足の一人暮らしだったらお金も要らない。
でも1人だと寂しいから女5人ぐらいで行く。
ある時男が流れ着いたら、きっと取り合いになるんだろう。
と、まぁまずこんな話。
そして、ボケたくないという話になる。
でもこの世界は将来みんな若いうちからボケそうだ、と。
一方平均寿命は医学の発達で上がり続け、世の中は"ボケ"だらけに。
それとは反対にバリバリ働く"エリート"達。
増えすぎた"ボケ"に対処すべく、隔離島を作る。
たまに島を脱出というかポロッと出てきた"ボケ"が"エリート島"に流れ着いてみたり。
妄想の上で成り立つ島話。
うちは、過ごすとしたら"ボケ島"で。

ところで、何もない部屋にずっと閉じ込められると人間発狂するそうです。
発狂というと、前にも書いた一家監禁殺人事件を思い出した、通電で洗脳した話。
フロイトも発狂して死んだんだっけ。

さらに性癖の話になり、カニバリズムの話になり、SMの話になり、
なんとも濃くも無意味な時間を過ごしていたのでした。
posted by 蓮 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

享年ハタチ

卒制のアドバイス会、そして粉砕。
もうね、玉砕っていうか、玉という塊すら残ってませんよと。
重い荷物を引っ張りすぎだといわれる。
引きずるのは得意です。
そして自我って何だ。aはaにしか見えんぞゴルァ。

友人と自分の生きる理由について意気投合。
とりあえず、死なない協定を結ぶ。
フラニーとゾーイーを貸す。

こういう時にかぎって、また歩道橋を渡ってしまい路上バンドに遭遇。
うひー、キチガイになりそー。
高速旋回で遠回り。

ここはとりあえず、次のラフを考えよう。
さっさとこの泥沼を抜け出したい。
posted by 蓮 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

アンパンマン

アンパンマンの歌が意外と重いテーマを扱っている件について。

なんのために生まれて、なにをして生きるのか。
なにが君の幸せ、なにをして喜ぶ。
時ははやくすぎる、光る星は消える、だから君は行くんだほほえんで。

重い!

テディ…セオドア・マカドールがアンパンマンの歌を聞いたら、一体どんな答えを出すのだろう。

次はこれが読みたい。
フロイトも気になる。

posted by 蓮 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むぅ。。。

存在の消滅≠死
死は行動、自分がそこにいたという事実はなくならない。
存在するかしないかが根本にあるのなら、生も死も状態でしかない。
しかし、死んだ当人は、死によってそれ以降の世界を見る事はない。
見る事のできない物の存在の有無は知ることができない、
ならば本人に限って死=自己の存在の消滅=生きてきた世界の消滅ということも言えるのか。
世界が想像上の物でしかないのなら、想像する者の死=世界の消滅なのだろう…。

祈るという行為について考える。
困った時の神頼み、神とは誰か?
そもそも神は存在するのか?
神が人を創造したのか、
それとも神こそ人が作り出した虚構なのか。
神が人の作り出した虚構なら、祈りも虚構でしかない。ただ、こうであって欲しいという願望を思うだけの無意味な行為なのだろうか。
今はなき死者に祈りをささげる、天国にいるであろう死者に。
しかしこれは祈る者の自己満足、エゴでしかない。
死後の世界を見た事がないのなら、それが存在する事すらわからないのだから、天国にいるかどうかすら謎である。だから所詮祈る者が創造した虚構の世界に過ぎない。
ただこれで祈る者の心は満たされる、あるいは救われる。
つまり、神、祈りとは、その人にとってのエゴに過ぎない。

なのに何故卒制のテーマに祈りを選ぶのか。
祈り=エゴが現実だとしても、想像の世界では神も天使も存在する事ができる。
絵とは虚構。どんなに現実と似せて描いても現実と同じものは描けない。
太陽は赤ではないし白でもない。
だとしたら、どんな形であれ、その人が描いた物がその人の個性なんだろうか。

身体がだるい。
posted by 蓮 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筆おろし

ふむ。やっぱ新しいのはいいなぁ。

学校で買わされた筆を、この際だから使ってみようと思って、筆おろししてみた。
いや、正しい筆おろしの仕方なんて知らないけど、初めはのりがきいてるからまぁゆっくりと慣らしてと。
水のふくみもいいし、弾力もあるし、細部までばっちり。なかなか使い心地のいい筆でした。
posted by 蓮 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

祈る

フラニーとゾーイー。
「フラニー」の章でエゴに苦しんでせっかくの週末デートを台無しにしてしまったフラニーが実家に帰宅してからの話が「ゾーイー」。
「巡礼の道は続く」という本に救いの道を見出して、居間のソファに寝込んで、ただ祈り続けるフラニー。せっかく祈ってるのにゾーイーに真っ向から否定されてしまって、まぁ否定されてもしょうがない祈りの形だったんだけど…でもゾーイーはゾーイで妹が可愛いからなんとか立ち直らせたいと思ってたんだろなぁ。
ただゾーイーの言葉じゃどうにもならなかった。フラニーが求めてたのはシーモアの言葉であっ。ゾーイーも、シーモアならバディなら妹に対してなんと言うか、模索してた。手紙を読み返したり、シーモアの部屋に言ったり、最後のフラニーへの電話はゾーイーにとっても救われたんじゃないかな。

フラニーのしていた祈りは、イエスに対する祈りじゃなくて、こうあってほしいと思うイエスへの祈りで、自己満足でしかない。母の用意したチキンスープも飲まず、ただ一人引きこもる祈りは、祈りなんかではなく、『太っちょのオバサマ』のために靴を磨くような事こそ真の祈りだと。『太っちょのオバサマ』は、周りのすべての人でもある、ならば、人のために何かするということが「イエスへの祈り」ということか。

「バナナフィッシュにうってつけの日」のシーモアはものすごい病んで疲弊した感じだったけど、フラニーとゾーイーの中で語られてるシーモアは、みんなから慕われ尊敬される長兄。
「『太っちょのオバサマ』のために靴を磨け」とまで言っていたシーモアが、ピストルで自殺を図ったのはやっぱり戦争に行ったからか。
posted by 蓮 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー漫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

昔の話

051124.jpg

書類の整理がへたくそなので、パソコンの中もひどいことになってます。
HPのフォルダ見てたら、いつのやつ?というものがゴロゴロゴロゴロ。
昔はこんな頑張ったサイトデザインしてたなー、とか、いろいろ懐かしんでおりました。
日記のログなんかも残ってたりして、でも2004年の4月のログをアップロード時にうっかり消してしまい、2004年の4月の自分をもう見る事が出来ないので少し寂しく思います。
あの頃はちょうど、入学、バイト初めと、何かと話題の多い月だったので、読みたかったのですが・・・残念。
posted by 蓮 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

いられー

051122.jpg

イラレで着せ替え遊び(謎。
posted by 蓮 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オタクはかく語りき。

学校の授業で、うちのクラスはFlashを中心に、友人のクラスはHTMLを中心に習ってるようで。
友人と、HPについて話してまして、それからアニメの話になりまして、マニアックに生きてるなぁと再認識しました。
人に説明するのって難しい。
以上オチなし。

フラニーとゾーイーがもう少しで読み終わる。
まったく、ゾーイーに核心を突かれてしまった。
まぁ感想は読み終わってから。

安藤裕子どうしよ〜。


ねむい。

FF4アドバンス…5,6…・・・・・?!!!
やっぱりアドバンス買わなきゃ!
posted by 蓮 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー漫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

アクエリオンはどこへ行くのか。

まぁ、中学校の頃からアニメにはまりだしてですねぇ、まぁ大体毎週1本程度はアニメ見てるんじゃないかという今日この頃。毎週一本だったらそんなにオタクって程でもないですね。

中学校の頃はアニメのストーリー、キャラに萌えるオタクだったんですが、
最近はアニメのスタッフが気になるオタクに変化。
監督が誰だとかキャラデザが誰だとか、音楽が誰で、作画が韓国製だとか日本製だとかまぁいろいろ。
どっちがコアなんだろ。

とりあえず、CATVで見てるアクエリオンが回を増すごとにぶっとんだストーリーになっていくのですが、本当に2クールで終わるんですか?といった状況。
音楽が菅野よう子氏、キャラデザ金田榮路氏、okama氏も関わってるので楽しみにしてたのですが…、完全にネタアニメ確定。面白いけどさぁ…。
ん…シリーズ構成、大野木寛氏…
あのエリア88もガンダムSEEDも大野木氏が関わってたんですが、どちらもぶっとんでた様な…。
まぁまったりとぶっ飛びぶりに癒されよう。
posted by 蓮 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー漫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

and you

というわけで、ちょっといろいろ模索中。
ダーツのね、点数をね、どうやったら簡単にね、ネットで友人とかとね、比較とか分析できるかというのをね、考えててね。
「ね」うぜー。

まぁ考えてるんですよ。

安藤祐子のニューシングル、新譜(320円)で借りようと思ったら、ケースが割れたからというだけで、70円で売られている中古を発見。買い。

安藤裕子を知ったのは「ギルガメッシュ」のエンディング。
同時期にやっていたavex製「エリア88」のopとedはいろいろとツッコミたくなりましたが、ギルガメッシュのopとedはavexにしてはよかったんじゃないかと。倖田來未の「crazy 4U」と安藤裕子の「わすれものの森」。
わすれものの森がよかったのでCD借りてみて、
この前CMで流れてた曲が安藤裕子っぽかったのでもしかしたら、と思ったらビンゴ。
来年4月にライブ…チケットの先行が11月24日…。うーん。予定は未定。

あー、フェイウォンのライブにいきたーい。
posted by 蓮 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

エゴ

日本のミサイル防衛のニュースで軍事評論家の岡部いさく氏が出てた。
すきだなーこの人。しゃべり方とか。

サリンジャーの「フラニーとゾーイー」を電車の中で読んでたり。
シーモアは救われないまま死に、ホールデンはやや前向きにはなったものの行き着く先は不明。「フラニーとゾーイー」ではフラニーは最終的に救われるというウワサを耳にしたので買ってみたのですが。
この話、「バナナフィッシュにうってつけの日」で死んだシーモア・グラースの妹の話。
って、なんかシリーズで兄弟が活躍するって、日高万里の秋吉家シリーズを思い出してしまった…。

というのは置いといて、フラニーとゾーイーの「フラニー」まで読みました。
ホールデン少年よりもフラニーのほうが好きかも。
なんだろう、必死なところはホールデン少年とそっくり。でもホールデンは自我の喪失と世の中のインチキが嫌いだったけど、フラニーはホールデンより大人なせいか、世の中より自分に対する嫌悪が前に出てる感じ。

レーンもフラニーも頑固だから全然話が噛み合ってないというか一歩通行で、お前蛙の足食うのやめて話聞いたれよ、とか思ったりしながら読んでた。
二人とも合わないって気づいてたはず。
レーンはフラニーが好きなんじゃなくて、彼女をつれてレストランで食事をしている自分が好き。
フラニーはどうだろう。うーん。うんちくだとか知的な話をする人に惚れたんだけど、でも意見が合わなくて、好きなんだけど、合わない。だから余計に自分の会話の結論がうやむやになってレーンに指摘されてしまうっていう悪循環。自分がわからなくなるから、宗教の本をこっそり持ち歩いて、どこかに救いを求めてて。結局我慢できなくなってトイレで泣いたり、最終的には失神しちゃったり。わかるよ、その気持ち。

フラニーかわいいなぁ。まったく。
posted by 蓮 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー漫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

511

運が80%。
ブル狙ってトリプル当たったのが数回。
まぁ自己新なのでよしとしよう。

なんか集中力の山が実生活と似てる気がする。
posted by 蓮 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ライブトレース

051117.jpg

えーと、ライブトレース昨日で取り込んだ絵が一発でパスに変わってくださいました。
今までみたいに中マドとかしなくていいみたい。
IllustratorCS2に変えてよかったなーと思いました。
感動のあまり、攻殻見ながら記念パピコ。
posted by 蓮 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷欠

まさに雑記。

食への執念がない。あったら食べる。なかったら食べない。
寝るのも不規則だし、不健康そのものじゃないかと思う今日この頃。

ゲームボーイアドバンスを買うか、ゲームボーイミクロを買うか悩み中。
形はミクロのファミコンバージョンだけど、持ち歩く気はあんまりないので、それだったら画面のでかい&安いアドバンスか…。欲しいソフト、マザー1.2.3と逆転裁判。

帰り道に見かけたスーツにコートのお兄さんにズキューン。
やっぱスーツはいいっす。コートいいっす。働く大人はかっこいい。
駅の歩道橋とかで大音量で路上ライブされると、卒制で身も心もぐったりなこちらとしてはほんと気狂いになりそうなんですが…。久々にあの時間帯に通りかかってしまった…。人多いけどこれからは地下行くか…。

604SH…アンテナ部分が好き。でもあと8ヶ月は今の携帯キープします。
そういえば、2年前に4〜5万で買ったコンポが音飛びするんですが。
そして、買って2ヶ月のイヤホンを修理に出しました。L側から音が出ない(´・ω・`)
そんなに私の使い方が悪いのか。優しくソフトリーに扱って…ないかも。

そういえば、オペラ座の怪人のDVDを9月くらいから友人に貸したままだ。
サントラあるからいいけど、そろそろ終盤辺りの情熱プレイ(point of no return=PONR)が見たいような。あのシーンだけは精神的R指定。ていうかあの映画全部R指定でもいいよっ。どのシーンにしろエミーロッサムの胸元がエロくて目のやり場に困っちゃいますよ(*´Д`)PONR序盤のバトラー氏の"silent…"あたりもズキューン。おっと、語りだすと止まらないのでやめておこう。

別の友人に貸してた攻殻の1〜5巻は昨日返ってきたので、CHAT!CHAT!CHAT!あたりを見てからバイトの先輩のとこにまた嫁に出します。
アラジンとトリック2は某氏に貸したまま……さて、どうしたものか。

あれもしたい、これもしたい、けど行動に移さない。
来年の目標は有言実行か…。
posted by 蓮 at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

サッカー

アンゴラ戦見てないけど、アンゴラ戦があると知って、ああ、あのアンゴラかぁと。そりゃ勝たないと日本。
アンゴラは中学校の頃だったかに地雷について調べた時に知った国で、原油やダイヤモンドなど豊富な資源を持ちながらも、人口と同じくらいの数の地雷も埋まっている国です。だいたい1000万個以上。
なんせ2002年まで内戦が続いてたわけで。詳しく調べたのが2001年より前だったから、調べた当時は内戦の真っ只中だったのです。

内戦が終わっても内戦時に埋められた地雷はそのままで、特に内戦続きだと、誰がどこにどれだけ地雷を埋めたとかがわからなくなって、回収しようがない。
子供なんかがボール遊びなんかで走り回っている拍子に踏んでしまったりとか、畑仕事に行く途中に踏んでしまったりとか。
戦略的に殺してしまうより負傷させた方が有利だから、殺傷能力は高くないけど、足や手を吹き飛ばすだけの力はあるから多くの人が手足をなくしている。
仕事に出かけるのは若者で、その若者が働けないし、地雷は埋まったままだし、ほんと後々まで続くたちの悪い兵器。
日本や世界各国の政府やNPOなんかが、地雷除去や識字率アップなどに勤めている真っ最中。

アンゴラの代表として活躍する選手を見て、あこがれた子供が、自由に安心してサッカーができますように。



そしてワールドカップって何年にやるんだっけと、普通に覚えてなくて前回のワールドカップを思い出してみる。
そういえば日韓ワールドカップのあった年は夏のキャンプ中に、韓国の高校年代の女の子らと3日ぐらい交流して、キャンプファイヤーはサッカーネタで盛り上がってたような…。みんなキムチ好きだったなぁ。
posted by 蓮 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

ぷっすま

さっき新聞見たら、今日のぷっすま「マル秘ツアー あらゆる数値を見破れ メイドカフェお仕置きの値段は?」
…(*´Д`)メイドカフェのお仕置き…いったいどんな内容なんだ。
見逃したorz

なんかマウスがしっくり動いてくれなくてイラレ使っててイライラ。
学校のが光学式だから余計にかしら。

そしてCS2の起動の遅さにもイライラ。
posted by 蓮 at 05:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。