2006年05月29日

話題の映画

話題の映画…
誰が一体最初に話題にするのか。
その話題にどれだけの人がのって、踊るのか。
踊りだしたら最初に話題にした人は面白いだろうなぁ。
まさに自分の思い描いたとおりに踊ってるんだから。

さて、我が家は浄土真宗らしいです。といっても葬式の時ぐらいしか関わりないけど。
まぁ日本の一般的な家庭はだいたいこんなもんでしょう。

今日はダヴィンチコードを見てきた。
ウワサのダヴィンチコード。
感想を一言で言うとすると「やったなソニー。」
まぁそんな映画でした。
明らかに宣伝勝ち。
そもそも、12月後半だけキリスト教な日本人にマグダラのマリアだとかオプスデイなんていわれてもさっぱりなわけですよ。
たぶんその辺詳しかったら何倍もおもろい映画なんだろうけど、残念ながら勇午でちょっと知ったぐらいでしかないもんで。
そんな映画をここまで持ち上げてしまう、メディアの力恐るべし。
そんな映画といっても、ダヴィンチコード自体は面白いかもしれないけど、日本向けの映画ではないとおもう。
かといってダヴィンチコードの仏教版作られても、よくわからんだろなぁ。「曼荼羅に隠された謎をあなたは知らない。」

他の洋画…、例えばオペラ座の怪人でもキリスト教にちなんだ表現があったりするし、ヴァンヘルシングもそんな匂いがした。洋画って文化が違うから難しい。

うーむ、高い金払って大手で宣伝したもん勝ち。たまに例外もあるけど。
なつかしのホワイトバンドとかもそうか。
ああ、なんか広告代理店は嫌い。それに踊らされる自分も嫌い。
電○も博○堂もがっつり儲けやがってー。
まぁ、そんな自分が勤めてる会社も立派な第三次産業ですが。


そんなこんなで、グダグダ話してきましたが、とりあえずダヴィンチコードの小説は最後まで読もうと思います。
絶対文庫版1冊でいけるやろうと思いながら上中下巻、最後まで買ってやろうと思います。
でも正直、乱丁本で送り返してやろうかと思うほど天地のカットが汚いです。ガッタガタ。薄っぺらいのに蟲師よりひどいぞ。

無駄に書いてしまったので、今日の出来事、その2.
ブックオフでケロロ軍曹の1〜13巻を衝動買いしました。
品質良好。もう本棚飽和状態とかどうでもいいっす。
ウハウハ。ゲロゲロ。
posted by 蓮 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18530104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: 昨日見てきました~。 なかなか面白かったですよ秊 ちゃっと難しかったけど。 「ダ・ヴィンチ~」は、制作が決まったときから見たいなと思っていた 映画だ..
Weblog: あっと驚く業界ニュース!
Tracked: 2006-05-29 02:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。